那須野の旅人

那須を起点として各地の風物や生活ぶりを見つめます

源有綱塩原に死す


塩原には昔からいくつかの伝承が記されています。
山深い未開の土地でしたから戦に破れれた落人の隠れ里となることが多く、 それに
まつわる伝承がほとんどです。今回は鎌倉時代同じ源氏でありながら頼朝に逆らって
宇治の決戦で破れて塩原に逃れた源三頼政が潜んでいた源三窟での話を紹介します


地元塩原温泉に残る鎌倉時代初期の出来事です。
心温かい村人たちの好意がアダとなった皮肉な話

源有綱の最期

この伝承は史跡鍾乳洞「源三窟」として塩原温泉の観光スポットの一つとなっています。
( 読み方は「げんざんくつ」といいます )
  この伝承について疑問点を2,3取り上げてみました。
先ず米についてですが、 米の研ぎ汁が白く濁るほどの白米を食べるようになったのは一般に江戸
時代の明暦年間 (1655~1658年) 頃からだと言われています。しかし, 平安時代でも貴族の間
では白 米に近いものを食べていたとの説もあります。 それはあくまでも 貴族であって庶民は玄米
をそのまま焼いたり蒸したりしていたそうです。 源有綱は義経に就いて戦っていましたが年齢も義
経とほぼ同じで保元・平治の乱で戦功があり 平清盛に一時は信頼された源三位頼政を祖父に持つ
良血ですから贅沢な白米を食していたかもしれません。 しかし、 逃亡先の山里塩原に白米が存在
したかといえば疑問で塩原要害の城主塩原八郎家忠からの差し入れがあったとしても 一山奥の要
害に精米技術が伝わっていたとは考え難く、 この米の研ぎ汁に関する伝承は後世の創作とみるの
が妥当ではないでしょうか。 史跡といっても伝説に近い話なのでこうした粉飾例は他にもあります。

又、かなり信頼性のある史書である『吾妻鏡』等の記録では有綱は今の関西地方が活動の場であっ
たらしく、頼朝に追われた義経と別れた有綱は郎党と共に大和国宇陀郡に潜伏したが、  文治2年
6月16日、 義経の残党を捜索していた北条時定の手勢に発見され、 合戦の末に敗北し深山に入っ
て自害したと記されていて塩原に潜伏したことにはなっていません。どちらが真実なのでしょうか?
もう一つの疑問は 洞窟を発見され頼朝の手の者(北条方)の襲撃にあった際に 戦いに敗れて自害
し たことになっています。  どういうわけかこの種の伝承は最期に自害が多いのですが義経は別と
して有綱の場合狭い洞内で不意撃ちを食らったのですから 『自害』 する暇はなかった筈です。 たと
え洞外に出て戦っても、 家来が何人いたか不明ですが自害には少々の時間を要するのが普通で、
激しい突発的 戦闘の中では無理と見て私は自害ではなく討ち死にとしました


源三窟内にある武具資料館には洞内で発見された有綱のものと言われる鎧・兜が
保存されていて、年代測定でも実証され興味深い
有綱の遺品

尚、 源三窟という名前の由来は、 有綱の祖父源三位頼政(げんさんみよりまさ)の一族が都を逃が
れ塩原に辿り着いた時に立ち寄ったのがこの鍾乳洞で、 当初は源三位穴と呼ばれましたがいつ頃
からか今の『源三窟』の名前に替わったようです。源有綱に関わる人物相関図を下に掲示します


源有綱家系図
朱記の部分にご留意ください
源三窟の名の由来である源三位頼政は相関図の中ほどに見えます。三位というのは朝廷から賜った
官位であり頼政は上から4番目に高い従三位で中納言という身分ですが宇治での末路は哀れでした。

この時代は源頼朝が鎌倉幕府を開いてから円熟期に入って、 北条氏も頼朝の妻に政子を配したこと
もあり徐々に幕府内で勢力を強めていた頃で頼朝に協力して義経追討の先鋒を担っていたのである。
その北条氏の追っ手が山深い塩原にも及んだのであった

  1. 2018/02/18(日) 14:01:32|
  2. 未分類

ブログランキングの行方


今年の冬の寒さは異常で全ての前向きな意欲を減退させる。
ブログの更新もその一つ。そこで過去の記事の中から当分超短編の幾つかを再録する事にした


超短編創作
  1. 2018/02/08(木) 13:29:40|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

新年のご挨拶


平成が途中で替わる今年ですが佳い一年であって欲しいですね
左が冠雪の那須茶臼岳です


冠雪の那須茶臼岳
  1. 2018/01/01(月) 02:14:54|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

落ち葉のバラード・・・初冬の風景



12月に入っても日本列島の南では紅葉が盛期の地域もある。さすがに那須全域では冬の
足音がすぐ近くに来ていて連日冷たい北からの空っ風が吹き穏暖な日は少ない


落ち葉の風景 林の中は早朝の濃霧がわずかに残る暖かな午後だった
落ち葉のバラード

併せて那須茶臼岳の初冬の様子などを数点載せてみました。
那珂川大橋からの5点
茶臼1

茶臼2

茶臼3

茶臼4

茶臼5

箒川河畔からの3点
箒川1

箒川2

ススキにピントを合わせ遠方をぼかす
箒川3

数日前の穏やかに晴れた日、自宅近くの牧草地から茶臼岳を遠望する。
初冬でこのように快晴になるのは珍しい。これが小春日和というものか

牧草地から茶臼岳遠望
  1. 2017/12/09(土) 22:58:18|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

御殿山の紅葉ライトアップ


 大田原市の御殿山公園では土佐楓が見事に色付いていると地元紙に報道されたのが先週末で
その後間もなく訪れてみた。比較的紅葉が遅いイロハモミジの一種らしく今が丁度最盛期だった。
ライトアップが人気で夜を待って足元に注意して撮影した。併せて昼間の画像も載せた


晩秋にかけて色付く土佐楓は土佐(高知県)地域に多いイロハモミジ類なのかもしれませんが
ここにある楓は古い歴史に裏打ちされたもので、土佐とこの地の深い関係にある。(後述)

最初の2枚は夕方の明るいうちに撮ったものです。陽が落ちると冷え込んできた。
下側にある画像送りボタン付きのスライドショー

画像は12枚あります。 右のボタンをクリック→

日中に撮影した御殿山の紅葉
御殿山の紅葉アニメ

代表的なモミジの形状
左からイロハモミジ、ヤマっもみじ、オオモミジ


佐久山城土塁跡
佐久山城址公園


 御殿山と呼ばれている佐久山城址は那須与一の次男泰隆が父から分領されて築いた城跡。
永禄六年」(1563) 同族の福原資孝に攻められて この城を棄てるまではずっと佐久山氏を
名乗り城も佐久山城という平城だった。その後, 福原氏の代に土佐の山内氏から養子を貰い
家督を継いだ。その山内氏によって土佐楓がこの地にもたらされ土佐楓として今に伝わった


大田原市の調査で作成された佐久山城址(御殿山)の見取図
この時代の城は概ね平城で周囲に土塁を築き敵の侵入を防ぎ易くした程度であった。
図中のⅠ~Ⅴの表記は構造物のあった「郭」と言われる台地であろう

佐久山城城址
  1. 2017/11/24(金) 23:51:33|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
次のページ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

旬の花時計 V2

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
FC2ブログへようこそ!
最近は歴史劇映画に興味。
カメラや写真・旅行などに
生きがいを感じている

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR