那須野の旅人

那須を起点として各地の風物や生活ぶりを見つめます

名刹雲巌寺と近くのユリ園


雲巌寺松尾芭蕉

 雲巌寺は黒羽町(現大田原市)にある禅宗の名刹です。起源は古く仏国国師の意を継ぎ1283年
北条時宗によって建立されたもので、筑前の聖福寺、越前の永平寺、紀州の興国寺と並び日本の
禅宗四大道場の一つです。永平寺等の風格を見ても立派な寺院は奈良、京都以外にもあります

芭蕉と仏頂禅師の句歌碑
 上の句・歌碑は山門を入って左手の紫陽花の植え込み奥にあります。
芭蕉が江戸に庵を構えていた時代、 仏頂禅師と知り合い、 芭蕉は禅を 仏頂禅師は句を互の師と
仰いだ仲でした。 その後禅師は雲巌寺で山居の修行に入り、数年後に芭蕉は奥の細道の旅へと
旅立ったのでした。その途上、栃木(下野の国)黒羽の俳諧の弟子である黒羽城城代家老の浄法
寺図書高勝(俳号浄法寺桃雪)を訪れたのでした。 そこでは多大な歓待を受け曽良共々奥の細道
紀行中最長の14日間も滞在したのでした。その折、この時には他界していた仏頂禅師の弔いの為
数人の村人を伴って雲巌寺を訪れて仏頂禅師の山居などを確認し、句を詠んだのでした

             ※ 「奥の細道」 芭蕉の表記は 「おくのほそ道」 について
関東に興味のない人でも この俳句紀行の古典が、江戸深川を出立し関東、 東北から北陸を経て
西の岐阜県大垣市に至り、その後芭蕉自身は大阪に移動して花屋に寄宿し、 そこが終焉の地と
なり有名な辞世の句を詠んだのだと知ったなら新たに関心が沸くかもしれません


          瓜瓞橋から山門を望む

                            山 門
山門

               境内の主なパワースポット (自動スライド7枚)
雲巌寺は拝観料等は設定していない。勿論、方丈での禅の修行を申し込んだ方は有料だと思うが
同じ黒羽にある禅寺の大雄寺(だいおうじ)は境内に入る場合は拝観料500円が必要となる


雲巌寺境内

                  この時季の雲巌寺では花はわずかでしたが
                  ビオヤナギが優雅な姿を見せていました。
              山紫陽花と一緒に画像オンマウス&クリックで3枚です
<>


    雲巌寺境内庭園の敷石部分にあった小さな花。名前分かりますか? 頭文字は「ギ」です


               雲巌寺入口付近で( 天然記念物の大杉や武茂川 )

          

雲巌寺を流れる武茂川


                雲巌寺近くの黒羽ユリ園にて
雲巌寺からは車で5分程度の場所にある典型的な里山に佇むユリ園です。まだ盛期ではなく種類は
少ない状況でしたが、購入目的の人たちで結構賑わっていました。 ボクも蕾がたくさん付いている
八重のユリともう一株幹のしっかりしたスカシユリを購入してきました


黒羽ユリ園アニメ


         5品種ばかりピックアップしました。いずれも画像オンマウスで2枚です
 レッドツイン

 ロイヤルトリニティ

 セ ナ

 エルディーボ

 ルレーブ


  1. 2015/06/28(日) 19:33:13|
  2. 風景
  3. | コメント:4

我が家の畑と庭の花たち


近年は梅雨といってもシトシトと降る雨の日は少なく、 突然荒れ模様になったり、かと思うと
雨が全く降らない日が続いたりと、平穏に推移する事がない。
そんな不順な天候でも庭の花々や野菜等は時期がずれても例年のような生育を見せている


                曲は「白い花の咲く頃」 美空ひばり (画像はヤマボウシ、アカシア)
   


                       野菜の花のいくつか
      画像オンマウス、クリックで 5 枚 (最初の画像以外アニメ2枚ずつになってます)


<>
                 茄子の花を追加 (載せ忘れていました)
茄子の花

                    野菜の花と同様、撮りたて画像
             雑然とした我が家の庭で、今現在新しく見つけたた花たち
              (いずれもポピュラーな花なので名前は記しません)


我が家の庭では

  1. 2015/06/27(土) 09:38:52|
  2. 季節の花
  3. | コメント:4

虹の花・・・・・ほか


急激な夏日の訪れでどこもかしこも花たちや樹木などの成長が早まった。白河FWへ行ってきた方の
話ではジャーマンアイリスが盛期を過ぎようとしているとの事で、数日前急遽出かけてみた。
かなりの花は終わっていましたが何種類かは健在だったので10品種ばかりを選び撮影してきました。
ジャ-マンアイリスの他にはゴデチャが見事に咲き揃い、ルピナスやポピーなども色を添えていました


再生マーククリックでBGMスタート  好きな曲で「勿忘草」
画像クリックで停止します


                      画像を次々にクリックしてください
           人気の「ゴールドキャロル」など球根を購入する人のために品種名が
           銘記されています。この時期のFWは何年か前に掲載したことがあります
<<>
<画像1の説明>

   ジャーマンアイリスについて
  アヤメ科で原産地は地中海地方。最初に輸入されたのがドイツなのでドイツアヤメとも言われるが
  その後フランスでも画期的発展を遂げ新品種が次々に生みだされてきた。
  日本のアヤメと違う点は下図A(外花被片)、B(ひげ)、C(内花被片)の大きさが顕著で外花被片
  に隠れて上から見ると花芯が見えにくい。花が大型でアヤメ類より乾燥地を好む。etc.


              ジャーマンアイリスの特徴


ゴデチャが丁度最盛期で華やかな花が周囲を染めていました。目立った幾種かをピックアップしました
当然この花にも品種があり掲示されていましたが名前は載せません


ゴテチャの色々

              ラークスパーとビスカリアの混生エリアも綺麗でした
                   画像マウスオン・ワンクリックで3枚

<>


              この時季のルピナスも目を楽しませてくれます
ルピナス1

                        ルピナスの4種
         ルピナスの4種

                   アイスランドポピーも華やかでした
アイスランドポピーアニメ

                   帰りがけ南湖公園のスイレンを覗いてみました。
                   ここも画像マウスオン、クリックで3枚です 

<>

                       最近の我が家の庭では
我が家アニメ


          次の4画像は何かわかりますか? 最初のアニメ画像は花ではありません
          各画像の頭文字は ① ク  ② ナ  ③ ユ  ④ ネ です
          花にお詳しい方ばかりなのですぐおわかりでしょう

               
わかりますか1アニメ

わかりますか2

わかりますか3

わかりますか4

  1. 2015/06/15(月) 20:33:40|
  2. 季節の花
  3. | コメント:6

火山活動が低下・・・逆に不気味な那須茶臼岳


 以前よりも噴煙が少なくなった茶臼岳
ここのところ全国的に火山活動が活発であり北から見れば蔵王山、吾妻山、箱根山、西ノ島新島、
御嶽山、桜島、口永良部島が噴火や噴火の恐れがある状況になっている。
那須茶臼岳は常時監視・観測の47火山の一つであるが東日本大震災の後も全く状況に変化はなく
数年前から続いて噴気活動も低下したままである。東日本大震災の震源地に近い蔵王山や吾妻山
はここにきて噴気活動が活発化し火口付近は立入り禁止になった。箱根大涌谷もその例の一つか
もしれない。そしてつい先だっての口永良部新岳の噴火である。専門家はこうした一連の現象には
関連がないという見方が多いが、日本列島全体の地殻が東日本大震災の後大きく変貌をしている
と説く学者もいる。火山列島日本が本来の姿に戻ったのだという専門家もいるくらいだ。

そんな中で大人しくなったままの那須茶臼岳は逆に不気味にさえ思える。何事もなければよいが・・・

遠くからは噴煙が見えない現在の茶臼岳
噴煙が見られない今の茶臼岳

東京に出る前の中学校時代、毎日見ていた茶臼岳の噴煙。 微かな記憶を掘り起こし
お絵かきモードで噴煙を描いてみました。噴煙はもう少し細かったかもしれません

那須岳噴煙

 茶臼岳の麓、それも温泉街のすぐ北側に下の写真のような風景が広がっています。
一昨年でしたか何故噴火口から程遠いここに噴気活動があるのか那須町役場の観光課に問合わ
せたことがありました。誰もわからないとかで郷土史研究家を紹介してくれましたが、その方からも
納得ゆく答えは得られませんでした。何百年も前に噴火しただけの那須岳なので、要するに分から
ない訳で、あまり深くは研究していないようでした。

賽の河原と殺生石

 火山噴火予知連絡会が熱心に調査し、要注意活火山と指定しても地元行政や郷土史家でも無関
心では、いざという時には何もできないでしょう。とにかくこの地には伝説と入り混じっているとは言え
余りにも具体的で無残な溶岩流による被害が伝承されているので不気味ではあります。
茶臼岳の頂上までの登山道には峰の茶屋跡の避難小屋がたった一軒あるだけなのも心許ないです


賽の河原2

賽の河原と千体地蔵

                     最近の茶臼岳噴火口

茶臼岳噴火口


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

最近の我が家の 門や玄関先では

我が家今 塀のさつき

サツキ花壇

magamikさんに教えていただいたギボウシの2種とエキナセア
我が家今 玄関先

サツキがまもなく咲きそろう
門付近のサツキと赤松


最近の庭の花たち
下の各画像にオンマウスで拡大します

  

  

  

  


白い花の咲く頃
我が家の植木畑や周辺の山林ではヤマボウシが盛期だ

ヤマボウシの咲く頃
  1. 2015/06/05(金) 12:33:47|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

旬の花時計 V2

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
FC2ブログへようこそ!
最近は歴史劇映画に興味。
カメラや写真・旅行などに
生きがいを感じている

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR