那須野の旅人

那須を起点として各地の風物や生活ぶりを見つめます

里はもう晩秋・・・那須野が原公園で


これからが紅葉や黄葉の見頃を迎える地域も多い中、自宅周辺の那須の里山では既に晩秋のような
風景になっている。全国的には気温が高かった11月だが那須の平野部では結構冷え込んでいた

晩秋の風景
   那須野が原公園にて
 那須の数ある公園でも西部地区にあって比較的温暖なはずだが、今年は例年より紅葉の終わる速度が速いように感じた。

 この日は公園のフィールドで那須地区の中学校マラソン大会があり公園内の駐車場は満杯だった。毎年行れていて那須野が原公園のイベントでは最も人出が多い。
晩秋の様相が濃い公園の爽やかな空気の中で若者たちは伸びやかに躍動していた。

 まだ紅葉の最後の煌きが見られるかと微かな期待を持って訪れたのだが僅かにカエデの紅葉が残ってはいたが寂しい限りで、雑木類の黄葉でさえ終りに近く、落ち葉が歩む足許でガサガサと音を立てた




残り少ない紅葉をピックアップ
画像オンマウス→クリック、マウスアウトで3枚です (最初の画像はアニメ2枚なので計4枚)
<>


那須野が原公園展望塔と晩秋の色濃い林
下の小画像をクリックすると別窓が開き拡大画像が出ます
窓は右上プラウザの×で閉じてください

< < < < <


落葉のハーモニー (カエデ、ミズナラ、クヌギ、サクラなど)
落ち葉アニメ

その他の風景
その他の風景アニメ


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

我が家の庭では







  1. 2015/11/23(月) 23:01:41|
  2. 季節の風景
  3. | コメント:5

秋のみちのく路


近くのスーパーストアの招待で宮城県の金蛇水神社と塩竈神社 そして松島湾観光のセットツアーがあり
近辺の方たち数十人と共に行ってきました。
松島や塩竈神社は数回行っているので興味はなかったのですが、金蛇水(かなへびすい)神社は初めて
なので参加してみる気になりました。変な名前の神社でもあり半信半疑の参加でした


金蛇水神社と塩竈神社
金蛇水神社
金蛇神社1

金蛇水神社縁起  京都の三条に住む刀匠小鍛冶宗近が一条天皇の勅命により御佩刀を鍛えるため
名水を求めて諸国を遍歴していた。当社のある現岩沼市三色吉の地を訪れたところ、水神宮の畔りを
流れる小川の清らかさに心をうたれ、水神宮に参拜祈願して神授を請い、宝刀を鍛えることができた。
宗近は神の御加護に感謝し、雌雄一対の金蛇を鍛造練磨して水神宮に奉納し、都に上ったという。以来
この金蛇を御神体と祀り、社(やしろ)の名も金蛇水神社と称して今日に至っている



この神社の民間信仰は弁財天が祀られていることからも福運金運などを祈願するもので、下の画像に
ある蛇紋石に財布をこすりつけたり手を合わせて祈願すると金運が訪れるという。
異なる十数基の蛇紋の中から僕の選んだ蛇紋石。下の画像にマウスオンで2枚です



刀匠宗近が清らかなな流れに心打たれたと言う小川が流入する神池
金蛇水神社神池の鯉

金蛇水神社その他境内の様子  
(個性的な神社だったが見学時間が短く十分な取材ができなかった)
金蛇神社境内アニメ


塩竈神社   この神社は東日本では誰もが知る程有名で取り立てて説明するまでもないが平安時代の
創建で元々は塩業、漁業の守り神として信仰されたが今は家内安全他幅広い祈願の対象となっている

塩竈神社右宮・左宮
塩釜神本殿

 塩竈神社東参道 (裏阪)
年配者が多い事とツアーの時間制限から僕たち一行はなだらかな坂のこちらを選択
塩竈神社東参道

 塩竈神社表参道  (表坂)
(中学時代、修学旅行時に昇った記憶でもこの202段はかなりキツイ)
塩釜神社表参道

東参道終点、本殿手前の鳥居
本殿手前の鳥居


塩釜神社周辺は紅葉の最盛期だった。さすがこの辺まで来れば朝夕の冷え込みは大きい
自動スライド6枚です
塩竈神社周辺の紅葉
松島湾にやって来ました (3.11東北大地震後では初めての訪れです)
松島湾岸壁から見た瑞岩寺五大堂
海辺から見た雲巌寺五大堂

松島湾内の風景一部 (詳しくは下の動画で)
湾内風景の一部

  1. 2015/11/17(火) 01:57:38|
  2. | コメント:6

日光上三依水生植物園の11月


  同じ日光でもいろは坂などの紅葉はピークを過ぎましたが、尚、車の混雑は続いているようです。
水生植物園のある上三依は丁度盛期でしたが雑木類は散っていて楓だけは真紅に色付いていました。
花は寒冷地のため、ノコンギク、ツワブキ、イトラッキョ、ジュウモンジソウぐらいで寂しい限りです


水生植物園表題



アルパカ牧場入場券






水生植物園に隣接して流れる男鹿川に沿って会津西街道が走っています。つい先ごろまでは紅葉狩りの車で賑わっていました。
今は会津の紅葉も終わり静かな街道に戻っていました。この上三依には旧会津西街道の名残があり、何年か前に記事にもしていますが 野仏が 数基ひっそりと 建てられていたり、一里塚も残されています。

以前から僕の渓流釣の場でもありました。四季折々の風光が明媚な自然郷は心を和ませてくれます。







園内の風景
下の小画像クリックで左別窓に拡大画像が表示されます
窓は右上の×か下の「窓を閉じる」ボタンで閉じてください


<
ノコンギクと紅葉

<
ノコンギクの群生

<
入口付近の黄葉

<
カラマツとカエデ

<
黄葉カラマツの枝

<
園内の熊野堂神社

<
鮮烈な紅さ

<
鷹の羽ススキ秋姿

<
イトラッキョ

<
イトラッキョの拡大

<
葉裏からの逆光

<
葉裏逆光のもみじ葉



一部園内の様子をYouTubeの短い動画にまとめました

  1. 2015/11/08(日) 18:38:21|
  2. 季節の風景
  3. | コメント:4

エメラルドグリーンの湖水・・・深山湖 (みやまこ) の秋


地元紙で深山湖の紅葉が見頃との案内があったのは先日の金曜日、 翌日訪ねたかったが穴場とは
言っても土、日曜は車が多いと思い月曜日に延ばして訪ねてみた。湖を取り巻く山の斜面や前方奥に
聳える大倉山や周囲の山の斜面は比較的カエデが少なくダテカンバ、ミズナラ、ウルシ、ナナカマド等
が多いので山肌は茶色にくすんでいて雑木類の紅葉は盛期を過ぎた感じ。ここは寒い地域なので秋の
深まりは速い。しかし、湖水のエメラルドグリーン色は相変わらずで、 寒かったが訪れた人達も感嘆の
声をあげていた。湖の奥の橋まで車で移動し久しぶりに発電所などの施設を見学した


                エメラルドグリーンの深山湖と北方に聳える大倉山
深山湖と大倉山の遠望

                   深山湖へ向かう途中、快晴の那須茶臼岳
この日の那須岳

              神秘的なエメラルドグリーンの湖水は酸性だからというが
              それでも毒性はなくイワナ、ヤマメ、ウグイなどが生息する

                     下のサムネイルにオンマウスです <
<
表紙説明
< < < < <


深山湖畔の紅葉はそもそも楓が中心ではなくブナ、ミズナラ、ダテカンバや低木の紅葉樹等で訪れた
時季は雑木類も落葉が進んでいて茶色がかって見えたようです。
湖畔の散策で僅かに見られた楓やヤマボウシ類の紅葉を載せましたが地元の日光や塩原に比べると
寂しい限りです。しかし、この時季の深山湖の特徴なので湖水の景観の美しさでそれ補っています

                         自動スライド12枚です
深山湖畔の紅葉


        以前、マウンテンバイクで一度、ジープで二度走破した悪路で命懸けの林道
         林道に沿って大川という渓流が流れ、渓流釣り初心者の頃度々釣行した
田島への林道

 三斗小屋温泉へ通じる林道。途中から車では無理 那須三斗小屋方面への登山道

                        大倉山と七千山水源の森 大倉山

水源の森案内図


  深山湖はダム湖で水利の活用は勿論水力発電のための大規模設備の一端を担っています。
 沼原発電所は世界有数の揚水式発電所で、深山湖を下池、標高1,200メートルの沼原調整池を上池
 として、その落差517メートルを利用した発電を行っています。発電所は地下にあって普段見られませ
 んが、発電所入口奥にある「森の発電おはなし館」でその仕組みを知ることができます。
 下図は深山湖と500m上の沼っ原調整池との相関図です


深山湖と沼っ原調整池の相関図

                沼っ原発電所(正式表記は沼原発電所で「っ」は入れない)
沼っ原発電所アニメ
  1. 2015/11/01(日) 18:09:38|
  2. 季節の風景
  3. | コメント:5

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

旬の花時計 V2

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
FC2ブログへようこそ!
最近は歴史劇映画に興味。
カメラや写真・旅行などに
生きがいを感じている

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR