那須野の旅人

那須を起点として各地の風物や生活ぶりを見つめます

西明寺から益子焼き共販センターへ


家内の退院を控え、退院後の経過の無事を祈願に益子町の西明寺にドライブがてら出かけた。
西明寺は益子町にある真言宗豊山派の寺院で歴史は古く天平年間に行基によって開山された。
宇都宮氏、益子氏の庇護により度々の消失にも再建され今日に至っている。
この寺で面白いのは閻魔堂に安置されている閻魔大王像がそのイメージに反して小首をかしげて
笑っていることで、怖い筈の閻魔様が笑ってお出迎えということで安心祈願にも通じている訳だ


西明寺画像 (10枚)
西明寺10画像

         古色蒼然西明寺三重塔

珍しい四角竹2画像 (画像オンマウスです)


この後、久しぶりに益子焼共販センターに立寄り色々な焼き物を見学して帰りました
画像クリックで5枚です



益子焼きのシンボルは狸です。「タヌキ」→ 「他抜き」にダジャレで通じ、他の焼き物より抜きん
出た存在である事を強調するための一種の縁起担ぎなのです

        益子狸の意味
  1. 2016/03/29(火) 01:13:36|
  2. 小さな旅
  3. | コメント:4

今年のザゼン草は・・・


 寒さが戻った先日の午後、お隣り大田原のザゼン草の里をふと思い出して出かけてみました。
毎年この時期には訪れているお馴染みの場所で、最近は多くの情報もないので現地を見るまでは
果たしてザゼン草は無事に萌えているかが心配になっています。

 果たして数台の車が停まっていたのでザゼン草の存在を確信し安心しました。 木道に降りると
数組の見学者は既に帰途についていました。一人静かにザゼンソウの観察と撮影に入りましたが
いつもの年の様に群生地とは名ばかりで点々と見えるのみです。まもなくやって来た僕と同年輩
十数人のグループはガヤガヤ話しながらさ~と木道を歩いて行き10分程で帰ってしまいました。
忙しいツアーでもないのに、何のためにザゼン草を見学に来たのかと呆れるばかり


■■■■■■■■■■■ザゼン草群生地入口

ザゼン草の里環境

ザゼン草を色々の場所から覗いてみました (10態 )
わずかな開花なので軽んじられている感じの健気な座禅草を丁寧に観察しました 座禅草10態


ザゼン草自生地の地主宅や近くの道の駅 (画像オンマウスで拡大。左端はアニメ2枚)
   

ザゼン草の里の全体像は環境の様子と共にYouTubeで

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

 前々回ではトリックアートの館を載せました。それは人間の手による錯覚利用の作品でした。
ところが自然界にはトリックアートと全く違った大規模なトリックが存在するのを知りました。
先週土曜日のTBSテレビ21時からの放送の「世界ふしぎ発見」という番組でした。
舞台はインドネシアのブルーモーリシャスです

モーリシャス島のの海中の滝

この海中にできた滝のような光景はマダガスカル(Madagascar)近くにあるモーリシャス島の
上空から見た画像。 その光景はまるで海の水が海底に落ちていくような光景であるが、 シルト
と堆積物の流出が作り出す視覚的な錯覚が作り出しており、実際には滝は存在していない


又、モーリシャスには世界最高額の切手が存在し、蒐集家の羨望の的だという

■■ブルーモーリシャス切手

どのくらい高額かというと、
1971年、日本人コレクターが、1ペニーと2ペンス切手の貼ってある
封筒を購入したときの価格が1億2000万円、
同じ封筒が1988年、他のコレクターに渡ったときの価格が
4億9000万円、だそうです。一般人には到底買えません

  1. 2016/03/13(日) 03:03:10|
  2. 季節の風景
  3. | コメント:4

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

旬の花時計 V2

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
FC2ブログへようこそ!
最近は歴史劇映画に興味。
カメラや写真・旅行などに
生きがいを感じている

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR