那須野の旅人

那須を起点として各地の風物や生活ぶりを見つめます

小峰城と白河の関


 先頃の東日本大震災で大きな被害を被った福島。栃木県との県境近く白河の関と小峰城がある。
共に歴史上重要な史跡である。
 小峰城は室町時代結城親朝が小峰ヶ岡に城を構え、江戸時代になって初代丹羽長重が城閣を整える。
戦国時代末期には上杉景勝の支配下に入り、天地人で有名になった直江兼続が家康の上杉討伐を阻止
すべく12万の大軍を配置し白河口で家康軍7万と決戦を準備していたが、石田三成の挙兵で家康軍が
引き上げたために幻の戦いとなった。その後松平定信が藩主となって白河も発展し、幕末になってから
戊辰戦争で落城するまで21代の城主を迎えた。 戊辰戦争では城内での戦闘はなかったが、 自ずから
火を放った。明治維新後の廃城令で石垣以外は見るべき姿はなかったが、その後櫓が復元され震災後
独特の工法を持つ石垣なども完全に蘇った

小峰城表題


ここは10枚あります。このボタンをクリック→



白河の関跡
白河の関は奈良時代からの 古い歴史があり、平安時代には能因法師の歌にも詠まれており、東山道の
要衡の関門として又、関東以南と東北を結ぶ非常に有名な場所である


白河関1

白関2

白関3

白関4

白関5

白関6
  1. 2018/11/03(土) 17:40:46|
  2. 歴史

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

旬の花時計 V2

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
FC2ブログへようこそ!
最近は歴史劇映画に興味。
カメラや写真・旅行などに
生きがいを感じている

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR