那須野の旅人

那須を起点として各地の風物や生活ぶりを見つめます

古刹に咲く牡丹・・・塩原妙雲寺


             800余年の歴史を持つ曹洞宗の禅寺
平安時代後期壇ノ浦の戦を最後に滅びた平家の落人達は 源氏の追っ手を逃れ各地に潜んだ。
下野の国( 栃木県 )は平家の隠れ里が全国で最も多い。 それは逃亡地として比較的近い上に
発見されにくい地形がかなり多いことからだった。今の湯西川温泉周辺の栗山などは最も規模の
大きい落人部落があった。彼らはひっそりと自給自足の生活をして、 極力里人との交流を避けて
発見されるのを恐れ、男子が産まれても鯉のぼりさえ掲げなかったそうである。

妙雲寺の起こりもそうした時代の事で、平重盛の妹はこの塩原に逃げのびてから、妙雲尼として
草庵を結び地元の人達と仏に帰依したのだった。その後庵は妙雲寺として地元民によって発展し
明治初期の戊辰戦争の際には薩長軍により取り壊されそうになったのを住民の願いで存続した


            寺院庭園の牡丹は地元の有志と専門家によって支えられ
            墓地の牡丹は所有者の手入れが行き届いているようです
            下の画像クリックで牡丹画像12枚です

<<>
<画像1の説明>

              牡丹の幾つかを大画面にしてみました
              下の小画像をクリックすると別窓が開き拡大画像が出ます
              画像容量が重く反応が遅い場合は欄外クリックですぐ開きます
              窓は右上プラウザの×で閉じて下さい


< < < < <



                     墓地に咲く牡丹 6枚
墓地の牡丹アニメ

               境内に落ちる常楽の滝と拈華(ねんげ)の釈迦像
               拈華とは説教をしなくても佛の微笑で人々を救う事

常楽の滝と拈華の釈迦像

                    境内にある妙雲尼塔と杉の巨木
         妙雲尼塔と大杉

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

                    スライドショーソースが作動しない方に
                       妙雲寺の牡丹は下のリンクで
                       那須つれづれ日記
  1. 2015/05/18(月) 01:26:12|
  2. 季節の花
  3. | コメント:4
<<英仏の薔薇や山野草 | ホーム | 薫風の5月2題>>

コメント

美しいです

お早うございます
今日は今から出かける予定です

妙雲寺の牡丹の花は地元の方々の有志の活動で支えられているのですね

マウスオンは全部動きました
今、パソコンが1台になっています
10年間使ったXPが動かなくなりvistaに入っているものを「8」に入れてもらう作業を頼んであります

牡丹の花は我が家では今年は暑すぎて4日ほどしか持ちませんでした
本当に花の命は短いですね
妙雲寺の牡丹の花、ピンクや牡丹色の美しい画像を楽しませていただきました
  1. 2015/05/18(月) 09:21:22 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさん

お忙しい中、コメントありがとうございます。

花ぐるまさんには以下のようなことはないと思いますが
家内が登山や蘭に凝っている時代は花ぐるまさんと同様いつも忙しく
およそ家事に力を入れず、掃除などまるで駄目、食事も忙しいので
心のこもらない簡易的な内容ばかりで、ボクが不足分を補いました。
数年前の苦い思い出です。

妙雲寺の牡丹には須賀川のような品種案内が全くありません。
どうせ覚えられないので人によってはかえってスッキリするかも
しれませんがボクは品種表示があると逆に落ち着きます。

ここを訪ねた翌日、妙雲寺の墓地で事件がありました。
お墓の土地に赤ちゃんが埋められていて、犬が掘り出したのを
発見され大騒ぎになっていて地元新聞を賑わせました。
前日でなくてよかったです。
  1. 2015/05/19(火) 16:45:21 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

妙雲寺

おはようございます。
妙雲寺の800余年にわたる歴史、理解できました。
平家の落人が栃木にはたくさんおられるのですね。
高槻の山間部にもそれらしき集落がありましたが
よそ者に対する警戒心がとても強いように感じました。
戊辰戦争の時には住民の皆さんが必死で守られ、今があるのですね。

それにしましてもお墓の中にもボタンを植えておられるなんて、
ご先祖様も嬉しいでしょうね~!

どの画像もとても美しく撮影されて素晴らしいです~。
スライドショウも全て大画面で見せていただきました。
蕾や咲きかけの美しさに魅かれました。
また複雑な八重よりも半八重くらいの牡丹らしい花が好みですね。
拈華の釈迦像は初めて知りました。
微笑は何物にも勝るように思います。

本当は二度目のお邪魔です。
今日はゆっくり楽しませていただきました。



  1. 2015/05/22(金) 11:18:04 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

magamik さん

コメントありがとうございます。

塩原は寒冷地なので若干牡丹も長持ちするようです。
妙雲寺は歴史の古い禅寺で今に至るまでは色々変化があったようです。
地元の牡丹愛好家やお寺の努力で数多い牡丹が毎年咲き揃います。
お寺所有の墓地には檀家の大部分が牡丹を植えています。
手入れが万全なので、お墓の所有者だけの管理ではないかもしれません。
お墓にこれだけの牡丹があるのも珍しいのではないでしょうか。

塩原にはその時代ごとに源氏と平氏の隠れ里が存在します。
少し離れた場所には源三窟と言って少し前の時代に源氏の落人源三味頼政が
仲間と共に平氏の追っ手に討たれた史跡があります。

gooのほうまでご覧下さりありがとうございます。
  1. 2015/05/23(土) 01:11:17 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

旬の花時計 V2

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
FC2ブログへようこそ!
最近は歴史劇映画に興味。
カメラや写真・旅行などに
生きがいを感じている

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR