那須野の旅人

那須を起点として各地の風物や生活ぶりを見つめます

ステンドグラス癒しの館


この時期に何度足を運んだろうか… 厳寒の那須であるが2月いっぱい館内のステンドグラスすべて
の撮影が解禁されるからだ。外観はイギリス コッツウォルズ地方独特のライムストーン造りをモチ
ーフにした重厚なデザイン、館内は随所にイギリス色の濃いステンドグラスの窓や装飾が展開され
いつ来ても心癒される空間が迎えてくれる。平日の落ち着いた雰囲気を十分に満喫してきた


ステンドグラス美術館外観アニメ

館内の様子 (一部)
下の小画像にマウスオンしますと拡大されます

   

   

   

聖人のステンドグラス
聖人の一人拡大

二人の聖人ステンドグラス
二人の聖人

併設のセント・ミッシェル教会のステンドグラス
セントミッシェル教会ステンド
セントミッシェル教会ステンド2

本館セント・ガブリエル礼拝堂のステンドグラス
セント・ミッシェル教会のステンドグラス

セント・ミッシェル教会のパイプオルガン
セント・ミッシェル教会のパイプオルガン


人気のバラ窓ダブルアップ
セントラファエル礼拝堂バラ窓

本館回廊に展示のステンドグラススタンド
ステンドグラススタンドアニメ

寒風の屋外に黄水仙の姿が
水仙


館内と併設教会のステンドグラス・・・YouTube

  1. 2016/02/27(土) 14:39:08|
  2. 展示館
  3. | コメント:4
<<今年のザゼン草は・・・ | ホーム | トリックアートの世界>>

コメント

素敵ですね~

こういうところがお近くにあるなんて素晴らしいです
以前にも少し見せていただいたことがあるようですが~
イギリスのコッツウォルツ地方のあの町並みは懐かしいですね
私はあのライムストーン造りの街並が好きで、娘の勧めもあり一昨年行きました
行って見ればそれほど広い地域ではありませんでしたけれど静かな落ち着いた街並みでした

ステンドグラスの素晴らしい数々、バラ窓の中も綺麗なステンドグラスです
このステンドグラスのラタンも色々な場所で見せて頂いています
こういうラタンのに会う家。。。いいですね
私の家では無理なようです

そして教会も併設されていると言うなかなか素敵な造りになっていますね
普段も教会として使われているのでしょうか

ステンドグラスの中にキリストの生涯を描いたものは多いですね
大体外国ではこういう風に物語が描かれていますね
YouTubeで全体の様子が良く解りました
有難うございました
  1. 2016/03/01(火) 17:04:37 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさん

早々のコメントありがとうございます。
今日の那須地方は今年一番の冷え込みと北風が吹いています。

花ぐるまさんはコッツウォルズに行かれたことがあるのですね。
こうした建築を目の前に見られたとは羨ましいです。
外観は素材の特質からも非常に重厚感があり、風格もありますね。
角度によっては中世イギリスの城郭のようにも見えます。

2月の頃のこちらは屋外では見るべきものが少なく
せいぜい福寿草と水仙くらいですが、我が家の庭にもいつの間にか
紅梅などと一緒に咲いていたのですが、つい見落としたまま
このステングラス美術館へと足が向いてしまいました。

ここに来るといつものように落ち着いた気分に浸ることができます。
いくつかの礼拝堂や教会がありますが、主にブライダルのためのもので
セント・ミッシェル教会にしても信仰の対象ではないと聞いています。
僕の知る限り神父や牧師などの存在は確認していません。
宗教と無縁なのも行き易いい一因になっています。

いつ見てもキリストを中心にした伝道者の物語を描いたステンドグラスの
精緻な輝きは素晴らしいと思います。装飾も見事なものです。
オルゴールやパイプオルガンの演奏も何回かあり心安らぎます。
  1. 2016/03/01(火) 23:09:38 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

ステンドグラスの美術館

こんにちは~ 何かお久しぶりのような感じですがお変わりありませんか?

ステンドグラスの美術館は全部が素敵ですね。
ライムストーン造りの外部から中に入るとがらりと雰囲気が変わり
パイプオルガンの音色に包まれてステンドグラスの華やかな空間が広がり
うっとりさせられます。室内なのに撮影が素晴らしいですね。

セントラファエル礼拝堂の左窓の豪華なステンドグラスはキリストや
聖パウロの生涯が描かれているのですね。
制作には相当な期間を有したと思われる精緻さですね。
セント・ミッシェル教会のステンドグラスも見事なものですね。

仙台にはステンドグラスの美術館という名目ではありませんが
市内には個人のステンドグラス工房があり、多くの新作が展示されています。
一度訪ねたことがありますが魅力的な作品が多く、欲しくなりましたが
小さなスタンド製でも数万円もする高価なものがほとんどで躊躇しました。

ステンドグラスは制作には手間がかかるようですね。
那須の美術館のような大型で豪華精緻のものは凄く価値あるものだと思います。

動画で響いていたパイプオルガンの音色は一度結婚式で聴いた記憶があり
懐かしく感jました。
心和む記事を見させて頂だきありがとうございます。
  1. 2016/03/02(水) 14:38:32 |
  2. URL |
  3. みちよ #-
  4. [ 編集 ]

みちよさん

コメントいつもありがとうございます。

仙台には個人のステンドグラス工房があるようですが
「ステンドグラス工房アキ」ではありませんか?
きっと斬新な新作ですから先進技法を生かしたものでしょう。

ここ那須ステンドグラス美術館は、雰囲気から宗教色が強いように
感じますが、実際はブライダルのための教会や礼拝堂で
こうした雰囲気の中での挙式を好む方たちにはたいへん好評のようです。

僕などは館内の静かな空間に安らぎを感じ、外部のライムストーン造りの
建築には力強さを感じさせられ、いつ来ても満足させられます。

マウスオンで拡大する9画像もご覧くださってありがとうございます。
この方式は一枚毎の表示なら分りやすいのですが
9画像をまとめると煩雑になるかもしれません。
みちよさんのPCはよく反応されるようで結構なことです。
ブログを開設なさると仙台や唐桑の様子が色々見られるでしょう。
楽しみにしております。
  1. 2016/03/03(木) 15:54:06 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

旬の花時計 V2

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
FC2ブログへようこそ!
最近は歴史劇映画に興味。
カメラや写真・旅行などに
生きがいを感じている

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR