那須野の旅人

那須を起点として各地の風物や生活ぶりを見つめます

西明寺から益子焼き共販センターへ


家内の退院を控え、退院後の経過の無事を祈願に益子町の西明寺にドライブがてら出かけた。
西明寺は益子町にある真言宗豊山派の寺院で歴史は古く天平年間に行基によって開山された。
宇都宮氏、益子氏の庇護により度々の消失にも再建され今日に至っている。
この寺で面白いのは閻魔堂に安置されている閻魔大王像がそのイメージに反して小首をかしげて
笑っていることで、怖い筈の閻魔様が笑ってお出迎えということで安心祈願にも通じている訳だ


西明寺画像 (10枚)
西明寺10画像

         古色蒼然西明寺三重塔

珍しい四角竹2画像 (画像オンマウスです)


この後、久しぶりに益子焼共販センターに立寄り色々な焼き物を見学して帰りました
画像クリックで5枚です



益子焼きのシンボルは狸です。「タヌキ」→ 「他抜き」にダジャレで通じ、他の焼き物より抜きん
出た存在である事を強調するための一種の縁起担ぎなのです

        益子狸の意味
  1. 2016/03/29(火) 01:13:36|
  2. 小さな旅
  3. | コメント:4
<<妙道寺の枝垂れ桜 2016 | ホーム | 今年のザゼン草は・・・>>

コメント

笑い閻魔

こんにちは~ お久しぶりです
奥様が胃がんの手術で入院されたのを知り驚いていました
でも最近の医学は進歩していて、手遅れでなければ腹腔鏡手術などで
ほぼ完治するそうですね。記事で退院も間近とのこと、よかったですね
退院後の速やかな回復を遠く唐桑からお祈りしています

笑っている閻魔大王はほんと珍しい眺めです
西明寺は天平年間の開山とのこと、古い歴史に裏付けされている
由緒ある寺院のようですね。三重塔の姿も味がありますし
四角の竹など初めて見ました。珍らしいですね

奥様の快方を閻魔大王に祈願した優しい松ぼっくりさんの気持は
必ず聞き届けられるでしょう

益子焼きの茶碗は我が家にも2、3あります。記事のような風土で
生まれた焼き物なんですね。大切に扱います
改めて奥様をお大事に・・・
  1. 2016/03/29(火) 19:17:52 |
  2. URL |
  3. みちよ #-
  4. [ 編集 ]

みちよさん

コメントとお見舞いの言葉ありがたくいただきました。
退院はまだですが本人は元気で院内のリハビリに励んでいます。
最近は胃癌も早期発見なら腹腔鏡などの手術で完治するようになり
医学の進歩は目を見張るばかりです。

西明寺は話題の尽きないお寺で、近頃はツアーの一候補地にもなっています。
三重塔は味があるでしょう。特に屋根の形状に特徴があろ面白いです。

閻魔様が笑っているのは全国でもここだけかもしれませんね。
縁起を担いでお参りの方も多いとか、この僕もそうですが・・・

四角のたけは画像でははっきりしませんが、現地では手で触って確認しました。
これもまた珍しいのでうが、こうした竹は各所にあるようです。

益子焼きは栃木県でも自慢の焼き物で、ここは以前らツアーの
コースになっていて、とちおとめの産地でもあり人気コースです。
  1. 2016/03/31(木) 23:01:11 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

私も行ったことがあります

こんにちは~
今日はうららかな良い日和です

奥様の退院後の経過の無事をお願いに益子町の西明寺へ祈願を兼ねていかれたのですね

私が逝ったのはもう20年ほど前でしょうか、茨城県のフらわーぱーくへ行った帰りに西明寺へ寄りました
こんな閻魔大王像があったとはもう覚えていません
三重塔は覚えていましたが~
西明寺の歴史も古いのですね
何も知らないままに行ったところですから記憶の彼方にあるようです
益子の焼き物は何度かこの地を訪れていて、この大きなタヌキさんがいつも出迎えてくれますね
「他を抜く」から来たタヌキさんだとは知りませんでした

奥様もきっと他を抜いてすぐに元気になられることでしょう
優しい待つぼっくりさまの心遣いがきっと西明寺の閻魔大王様に通じることと思います
そして益子町のタヌキさんにも届くでしょう
  1. 2016/04/01(金) 13:28:08 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさん

コメントいつもありがとうございます。
花ぐるまさん自身のことなので何ともいえませんが
上から5行目「私が逝ったのは・・・」との誤変換はうっかりすると
僕もやりました。お互い注意しましょうね。

家内はもう退院可能なのですが、ベッドに余裕があってのことか
ある程度自分の意向が通るみたいで入院生活を楽しんでいる感じです。

西明寺はツアーの一候補地になっているくらいですから
日本中どこでも行かない所がない花ぐるまさんなら一度は行かれたでしょう。
国の重文の三重塔や四角の竹など話題豊富な寺院ですが
閻魔堂の茅葺き屋根もなかなか趣き深いと思います。

益子焼きは日本中に知られた焼き物で県自慢の産業の一つです。
概して高価なものが多いです。廉価なものもありますが
やはり見た目にも深みがありませんね。
コーヒーカップを買ったことがありますが、ここの焼き物は
コーヒーには合わなくてまずいです。やはりここは日本茶ですね。

  1. 2016/04/02(土) 01:21:40 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

旬の花時計 V2

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
FC2ブログへようこそ!
最近は歴史劇映画に興味。
カメラや写真・旅行などに
生きがいを感じている

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR