那須野の旅人

那須を起点として各地の風物や生活ぶりを見つめます

芦野聖天花火


芦野聖天花火
芦野聖天花火
 芦野聖天花火大会は芦野三光寺の縁日に毎年行われます。
縁日は8月19日と決まっているので曜日に関係なく開かれます。今年は金曜日に当たりました。年々車の規制が厳しくなり暑い中駐車場からかなり歩く事になるので、何年か前から花火撮影に最適の場所を見つけました。近くの農家の許可を得て横に少しばかり入った畑道です。
しかし、いつも使用する望遠レンズは大玉が上がると頭の上で炸裂するような感じなので、大玉以外のスターマイン等のBULB撮影になります。

 この夜は少し雲があるものの花火の右下方には終始お月様が雲に見え隠れするというコンディションでした。
BULB撮影は何度やっても非常に難しく高度なテクニックを要すので歳を取るに従いどうも腕が鈍った気がします。



花火打ち上げ前の芦野昇天祭メイン通りの様子
花火打ち上げ前の祭りの様子

花火撮影を車の傍で出来る場所がある
花火打ち上げ地点


バルブ(BULB)撮影での数枚をアニメにしました。縮小すると迫力が失われるようです

芦野聖天花火BULB撮影


ビデオカメラの静止画モードで撮りました。(切り替えスピードは速め)
静止画アニメ

画像クリックで3枚です (作動しない方ごめんなさい)
<<


スマホの画像加工 (遊び)
芦野花火スマホ加工

不満足な動画ですが参考のために・・・ (右下方の明かりはお月様)


  1. 2016/08/25(木) 23:00:00|
  2. 季節のイベント
  3. | コメント:6
<<初秋の上三依水生植物園 | ホーム | ハンナガーデンのひまわり>>

コメント

花火大会

こんにちは~ お久しぶりです
唐桑半島の夏も今年は一段と厳しい暑さです。
那須の方がこちらよりかえって涼しいのでは?

花火は夏の華ですね。夏祭りとセットで行われる地区が多いですね
芦野の花火大会は三光寺の縁日に行われるようですね
地元の皆さんが楽しみにしているのでしょう

BULB撮影という手法は初めて知りましたが、ネットで検索しますと
花火を鮮明に撮るのには欠かせない機能んのようですね。
グラビアなどで見るプロの花火写真は全てこの方法で撮影されるとのこと
松ぼっくりさんの本領が発揮されていますね。素晴らしいです
確かに最初のBULB撮影の連続写真は後のビデオカメラの写真や
スマホと比べ細かい部分までくっきり写りこまれていますね
わたしが持っているコンデジにはこの機構がないので試せませんが
一眼を買ったらやってみたいです

Youtubの動画では静止画のような鮮明さは無理のようですが
それでも花火打ち上げの雰囲気と迫力が伝わってまいります
ありがとうございました
  1. 2016/08/26(金) 19:20:38 |
  2. URL |
  3. みちよ #-
  4. [ 編集 ]

花火

こんばんは
このところお天気が安定しませんでしたが、昨日と今日はカンカン照りで暑かったです
栃木県はこのところ高校野球でも優勝したので本当に良かったですね
でも最近の野球学校は皆野球留学生が多いらしいです

夏の夜空を焦がす花火大会、私は殆ど行ったことがありませんが~
あの混雑と上ばかり見ていないといけないのがどうも…と思うのです
芦野聖天花火大会は地元に密着した花火大会で皆様が楽しみにしていらっしゃるようですね
大阪焼きというのは私も知りませんが、「お好み焼き」と言ってましたよ
大阪のお好み焼きはとても美味しいです!!

花火撮影はとても高度なテクニックが必要なのでしょう?
私はあまり写したことがありません
BULB撮影の花火、とてもきれいですね
スマホで撮られたのは加工してあるんですね
こんな加工も簡単にできるんだ~と思いながら見ています

動画の方は少し小さめなので遠くから写している感じが良く出ています
お月様との位置が面白いです
まだ行ったことのない花火大会を見せていただきありがとうございました
  1. 2016/08/26(金) 19:26:49 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

みちよさん

遠く宮城県唐桑半島からのコメントいつもありがとうございます。
そちらでも今年の夏の暑さは厳しいようですね。
那須もご多分にもれずかなり暑い夏ですが、気象庁の言う
猛暑日(35°C以上)には一度もなっていません。
近頃の夏は北海道に台風が3個もやってきたりと
北日本は温暖化の影響で以前のような「憧れの夏」の爽やかさには
今後もならないということで残念ですね。

花火は毎年BULB機能を使って撮っていますが
腕は良くなるどころか退化しています。
BULB撮影は一眼レフのみの機構で、シャッターを押している間は
液晶が全く暗いので、事前に花火が上がる空のあたりに
ピントを合わせておきます。1,2,3,4、~と露出を考えて
シャッターボタンから手を離すと画面が戻り撮影されます。
このようなわけで数十枚撮っても満足ゆく写真は数枚です。
しかし、プロの一流カメラマンが、充実した花火大会での
連発花火を撮ると、信じられないような世界が現出します。

スマホは試してみましたが動きの激しい花火には向いていませんし
ビデオカメラの画像も映像もBULB撮影の画像には及びません。

芦野の聖天祭りは昔ながらの地元の風物詩で規模は小さいが
暖かい雰囲気の中で行われ、癒しのひと時を与えてくれます。
  1. 2016/08/26(金) 19:52:30 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさん

コメントいつもありがとうございます。
ご無沙汰ばかりでいつも恐縮ばかりです。

ほんと不安定な夏の陽気ですね。雨も急激に降ったかと思うと
降らないとからっきしで、水源地の八木沢ダム周辺では
雨が降っても貯水量を満たせません。
那須は猛暑日にはならないのですが今年の夏はバテ気味です。

オリンピックは金メダルは目標に2個ばかり少なかったですが
全体的にはかなり頑張ったと思います。
作新の優勝は娘の地元なので本人は大喜びでしたが
僕はオリンピックに気を取られていて決勝戦を見ただけです。

お祭りは屋台などがかなり多く出てよく見る風景ばかりですが
毎年屋台の焼き物に関西のものが多いのは何故でしょうか…

花火撮影はBULBを使うとたいへん疲れます。
カメラが望遠なので打ち上げ地点から遠くに陣取りました。
それでも大玉が上がると頭の上まで広がります。
ビデオカメラは望遠レンズではないので小さな映像になりました。
昼間ではいいカメラだと思っていましたが花火では役立たずです。
最後の頃は疲れてしまい、最後の一番大掛かりな
連続スターマインの打ち上げは車に座って見物していました。

隅田川やその他の水辺の花火みたいな華やかさはないので
記事にしても何ら見せ場はありません。

  1. 2016/08/26(金) 20:30:14 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

夏の華

自宅からは、それこそ寝床で寝転んで見ることも可能なのが、毎年の宇都宮の花火なのですが、芦野聖天花火は是非見てみたいと思いつつ、まだ見たことがありません。最適な場所を交渉して押さえておられるとはさすがです。動画も見させていただきました。
青木のひまわりも今年は見逃してしまいました。
今年の夏は、本当に過ぎ行くのが早かった。。
またそのうちあらためておうかがいしますね。
  1. 2016/08/26(金) 23:19:40 |
  2. URL |
  3. ゆみぞう #-
  4. [ 編集 ]

ゆみぞうさん

コメントありがとう。宇都宮のお天気情報は毎日目に入りますが
確実に那須よりも2、3度高いですね。ゆみぞうさんの処は
同じ宇都宮でも環境的に見て少し涼しいように思います。
鬼怒川の花火は何年か前にお邪魔して小雨の中での撮影でしたが
結構綺麗に撮れた思い出があります。全体的に見ると
規模と花火の質はそちらのほうが上なので、芦野の花火は
多分物足りないかもしれませんが、聖天祭の雰囲気はいいですね。

青木別邸前のひまわりは数年前より少し面積が小さくなっています。
東側の道路際に観花台が造られて太陽を向いた向日葵全体を見渡せます。
毎年記事にしていてマンネリ化しているので、来年はやめます。

今年の夏はオリンピックがあったせいか、早く過ぎ去った感がしますよね。
せっかくの作新の優勝が少しばかり霞んでしまったのは残念です。

新しい車、素晴らしいです。よく目立つ色でかっこ良いので
悪戯されないように注意してください。
停める場所も人の目に付く場所がいいと思います。
観光地など片側が林や草むらがある所に停める場合は
道路から車の両面が見えるように工夫して停めると良いです。
事故の無いようにカーライフを楽しんでください。
  1. 2016/08/27(土) 00:21:12 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

旬の花時計 V2

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
FC2ブログへようこそ!
最近は歴史劇映画に興味。
カメラや写真・旅行などに
生きがいを感じている

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR