那須野の旅人

那須を起点として各地の風物や生活ぶりを見つめます

ろまんちっく村から大谷石採掘遺跡へ


ろまんちっく村ローズハット内熱帯温室
今年もやってきてしまいました。毎年一月の定番のようになったろまんちっく村の熱帯温室。
その中で見るカリアンドラの紅白の不思議な花に巡りあって何年目になるだろうか・・・
今回も無事に開花していた。盛期は20日頃のようだが、それでも美しい花が出迎えてくれた


ローズハット表題

先ずはカリアンドラの5景から
カリアンドラアニメ

例によって熱帯温室の花たちも掲載 (下側の画像送り釦をクリック)

べ二ヒモノキ

ここは10枚あります。このボタンをクリック→

大谷石採掘遺跡へ
ろまんちっく村から南へ7km、付近は奇岩が聳える凝灰岩地帯だ
大谷資料館地下坑内遺跡入口


大谷石と採掘遺跡
 大谷石とは軽石凝灰岩の一種で柔らかくて軽く加工しやすく、耐火性に優れているので古くから関東周辺ばかりでなく全国で、外壁や土蔵などの建材として使われていた。
宇都宮市での分布状態は東西8km、南北30km、地下300mで、埋蔵量は10億トンと推定される。

すでに6,7世紀頃から加工しやすい事から古墳に使われていたし、奈良時代には近くの大谷寺のご本尊が大谷石で作られていて弘法大師自らの作と言われている

 太平洋戦争ではこの地下空間が日本陸軍被覆廠秘密基地に利用された。終戦まで米軍も 全く気付かなかったという。最近はこの地下で音楽会等各種イベントも催されている。 これだけの広大な地下空間なので、過去に陥没事故などもあり、 採掘範囲が東北線近くまで 伸びているので 大地震の際の災害など心配ではある。


資料館1階から地下採掘遺跡へ 長い階段を降りて行くと途中から神秘的な空間が見えてくる
採掘遺跡1

地下殿堂ような採掘遺跡から戻る
採掘遺跡2

資料館展示の一例 チェーンソー掘削機
資料館展示1

資料館展示の一例 作業員が入浴した大谷石造りのお風呂
資料館展示2

資料館前駐車場の傍らに遺る切削壁面
 資料館前1

地下採掘遺跡の様子をYouTube動画にしました.。映像はほんの一部に過ぎません

  1. 2017/01/11(水) 02:19:40|
  2. 小さな旅

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

旬の花時計 V2

プロフィール

松ぼっくり

Author:松ぼっくり
FC2ブログへようこそ!
最近は歴史劇映画に興味。
カメラや写真・旅行などに
生きがいを感じている

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR